住宅ローン仮審査

住宅ローンは仮審査の後に本審査という流れを経て、融資がスタートします。口コミサイトや掲示板、ブログなどを見ていると「住宅ローンの仮審査落ちてしまっただけれどどうしたら良いか?」なんていう書き込みが見られます。住宅ローンの仮審査okの基準は、三菱東京ufj、三井住友、みずほなどの都市銀行と、千葉、福岡、北洋などの地方銀行で基準の違いがあるようです。また、規制緩和で進出、再編された新生、東京スター、sbiなどの新参組の金融機関と、ja農協、労金、しんきんなどの組合系、geコンシューマーサービスのge maneyなどの外資系金融系でも差が出ています。それぞれ必要書類も多少異なっています。これからマイホームローンの借り入れを考えている人は、まず金利比較をし、変動金利型にするのか、固定金利型にするのかを選定しましょう。このときに、今後の金利動向を予想すると良いでしょう。これからは年4%台まで上昇するであろうという専門家の意見もあります。

住宅ローン仮審査所要日数

住宅ローンの仮審査の結果がでるまでの日数は、最短で1日、長いところで数週間かかるようです。比較的、結果がでるのが早いのが、ge maney(geコンシューマーサービス)、住友sbi等の外資系、新興金融機関となっているようです。Geは最短一日という宣伝をうたっていますね。逆に比較的遅いと言われているのが、りそな、三菱東京ufj、みずほなどの都市銀のようです。借り換え住宅ローンの仮審査でも同様のようですが、借換え住宅ローンの仮審査に所要する日にちは、新規借入と比べて早いとの声も聞かれます。新規借り入れの際の条件としては、年収、勤続年数が主な要素となるようです。従って、自営業の方や個人事業者、転職して勤続年数が短い方、派遣社員、契約社員は通りにくいようですですが、外資系や新興金融機関は都市銀などに比べて通りやすいという声があります。また、自営業、個人事業者の方で地元の地方銀行や信用金庫、ja農協で口座開設をし取引されている場合、その銀行等を利用すると良いとの意見もあります。

住宅ローンの仮審査期間

住宅ローンの仮審査が通ったとしても、有効期間がありますので注意しましょう。住宅ローンの仮審査に通過してホッとしていたら、気がついたら再審になってしまって、そこで落ちてしまった、なんていう人が、掲示板や口コミサイト、ブログで書き込んでいる人がいるようです。事前に、担当の方や、アドバイザーに相談し住宅ローンの仮審査の有効期限を確認しておきましょう。不動産屋にまかせっぱなしにするとこういう失敗になりやすいようですので注意したほうが良いと思います。のんびりしていたら利率が変わったしまったなんていう失敗例もあります。また、再審になってしまって連帯保証人が必要になってしまったという例もあるようです。住宅ローンの事前審査は思わぬ落とし穴があります。事前審査を申込む前に十分勉強しておいてくださいね。事前審査については相談会などでしっかりと重要事項の確認をしてください。頭金の用意と利率だけに集中してしまいがちですから、気をつけましょう。

本日最速情報


おみくじは 大凶


ラッキーカラーは れんが色


ラッキーな場所は ブランドショップ


最後に更新したのは 2014/04/22/ 17:27:48 です。

29 dummydummy dummy dummy